2007年07月07日

紙を使った動くもの

『立体イラストレーションの基礎』講座の第5回目(最終回)。
ゲスト講師はイラストレーターの田代卓先生。
お題は「紙を使った動くもの」ということで、
前回の講座の時に、準備してくるようにとの宿題が出されていました。
ハワイで楽しく踊る三人組を表現。
他の受講生が提供して下さった割りピンを使って、
右に左に顔がスィングするようになっています。
070707_紙ハワイ.gif

そして、今回が最終回。
森井先生はじめゲスト講師の方々の興味深いお話、
受講生の皆さんの作品、発想。
色々と刺激的な経験でした。

2007年06月30日

連れて歩ける立体

『立体イラストレーションの基礎』講座の第4回目。
ゲスト講師はイラストレーターのおさないまこと先生。
ご自分で作られた立体のキャラクターを旅先などの持ち歩かれているとか。
今回はそんな”連れて歩ける立体”を作成して、
自分のカメラで撮影するというもの。
最近全然作ってなかったsmeeちゃんを作ってみたけど、
粘土のせいにしたくないけど・・・
思い通りにはできなかった(涙)
それならば、せめていい写真を撮ってあげたかったけど、
できた作品がこんなんですわ・・・
連れて歩けるsmee.JPG

2007年06月16日

コラージュでバースディカード

『立体イラストレーションの基礎』講座の第3回目。
ゲスト講師はイラストレーターの杉浦さやか先生。
今回のテーマはコラージュ。色とりどりの紙や布で作られた作品は
ジョシゴコロをくすぐる本当にかわいらしいものでした!
お題は、特定の誰かに宛てたバースディカード。
オイラは今日も一人釣りにでかけた釣り大好きな相方に
彼が想ってるのと同じくらい魚にも愛されるように祈りを込めて作ってみました。
シンプルなデザインが好きなオイラの作品は
これでもかってくらいアッサリ目。
だけど、魚のラインをハサミとカッターでチマチマ切り抜いた超リキ作なのだ。
070616_コラージュでバースデーカード.jpg

2007年06月09日

モデルマジックで喜びのポーズ

『立体イラストレーションの基礎』講座の第2回目。
今日のゲスト講師は、オイラにとっては毎度おなじみのいとうまなぶ先生。
いとう先生の経歴、なぜモデルマジックなのか、などなど。
先生のキッチリっぷりがうかがえる楽しいお話でした。
驚いたことに40人ほどの生徒の中で、
モデルマジック経験者がたったの3人しかいなかった・・・(涙)

さて。お題は、白一色のモデルマジックで喜んでいる様子を表現。
顔の表情なしで作るのって初めてで、新鮮だけど超難問。
やっぱ顔(特にまゆげ)は大事だな〜、と改めて実感。
写真撮影のアングルも決めるってことで、そんなことも意識して作成する。
で、今週木曜日、会社帰りにみんなで行った大井競馬場トゥインクルレースで、実際にオイラがとったポーズを再現。
そして、わかる人にはわかるオハジキ2個Get!!
070609_モデルマジック喜びポーズ.jpg

2007年05月26日

小麦粘土で顔を作る

今日から森井ユカ先生の『立体イラストレーションの基礎』講座が始まった。
前半は森井先生の講義。
森井先生のお仕事の話やらとても興味深い話に加え、
実際作成された作品などを見せて頂く。
後半は実際にモノを作る。今回は小麦粘土で顔。
しかも”なにかいいことがあるにちがいない!”って顔。
このお題を聞いて思い浮かんだのが、うちの相方がよくやる、
こっそり大好きなスイーツを買ってきて冷蔵庫に隠してる時の顔。
で、できたのがこれ。
070526_Sy.jpg
いろんな人の作品が見れてなかなか楽しい!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。